日光の自然、おいしい食事を愛犬と一緒に楽しめるマルチスポット 花の蔵
栃木県日光市小代48番地
電話/FAX:0288−27−0010
090−3211−3439
e-mail:info@hananokura.com

いぬ物語 ドッグカフェ 大蔵寺 チョークアート  アクセス お問い合わせ
 ★TOP
 
 ●いぬ物語

  ・犬舎

  ・いぬ物語最新情報

   ・テラス
    マリとしっぽ

  ・カフェ

  ・ドッグラン

  ・犬の美容室

  ●ドッグカフェ

  ●大蔵寺

  ●チョークアート

  ●その他の施設

  ●アクセス

  ●問い合わせ


●FACEBOOKページ
花の蔵山内 その他のご案内

花の蔵山内は パワースポットです 「癒し そして 癒される場」です

        1.浅間神社
        2.鷹の宮
        3.密教寺院 大蔵寺

風の散歩道は 皆様方の心の癒しを目的に作りました、花の蔵山内で身も心も癒されてください
 山内は 癒しの場でもあり 祈りの場でもあります 形式や固定観念にこだわらず 心を癒し パワースポットで身も心も癒されてください。

1.浅間神社(総欅の浅間造り)
   御神体 コノハナサクヤ姫 
火中出産の説話から火の神とされ、
各地の山を統括する神である父のオオヤマツミから、
火山である日本一の秀峰「富士山」を譲られた。
祀られるようになり富士山に鎮座して
東日本一帯を守護することになった。
ただし、浅間神社の総本山である富士山本宮浅間大社の社伝では、
コノハナノサクヤビメは水の神であり、
噴火を鎮めるために富士山に祀られたとしている。
また、この説話から
妻の守護神、安産の神、子育ての神 躾けの神と伝えられている。

2.一願成就の鷹宮
浅間神社境内に位置する 一願成就の鷹宮 
「我 風を切って目指すは ひとつ」を
 大鷹神の願呪とし 
大鷹とご自分の眼と目を合わせ 一心に強く願うことにより
一願成就いたします。

3.
同源山大蔵寺の歴史は 昭和30年代 山林伐採業を営む先代が 山中にて伐採作業中に 山の神々 (先代は山の精霊・白く丸い霧の珠のようなもの と言っていた) からの導きで 山内(敷地内)に昭和35年福島県田村大元神社より(御神体をお祀り) 昭和37年に「浅間神社」(富士山本宮浅間大社より御神体をお祀り)を建立、独自の供養法により 山の神々・仏・先祖・諸精霊に祈りを捧げるという強い想いを 先々代・先代より受け継ぎ、 現住職元心が平成15年に秘仏である大元帥明王を本尊とし 大元帥法「大元帥明王悪魔降伏諸怖毘消滅秘密法」を修し、世界平和・日本国の安泰を祈るために 大蔵寺を開山建立いたしました。
御祈願の案内

*幸福開運護摩祈願祭大蔵寺では 
毎月定例の幸福開運護摩祈願祭を行っております。 
(毎月開催です 日時はお問い合わせください)
各自の願いを護摩木にたくして 護摩の炎に願いを込める 
幸福開運の護摩です。
詳しくは お気軽におたずねください
*個別の 「御祈願」 「供養」 について
 個別の特別御祈願・個別の護摩祈願を
 随時御受けいたしております 
  (祈願勤修の日時につきましては打ち合わせの上になります)
 山内には 別施設として 
 カフェ・お食事処等の施設がございますので
  お気軽にお出かけになり ご遠慮なくご相談ください。

*瞑想会・写経会の予定もございます お時間を作りまして
 お気軽にご参加ください

 

花の蔵 〒321−1107 栃木県日光市小代48番地●
電話 0288−27−0010 


いぬ物語 カフェ 花の蔵そば・うどん 大蔵寺 チョークアート  

2015(C)花の蔵 all right reserved